医療保険制度改革法案関連法の概要

  • 2015.07.19 Sunday
  • 18:30
現在、医療費の総額が今後も伸び続けていく中、公的医療保険制度をどう維持していくかが大きな問題となっています。
今年5月に成立した医療保険制度改革法案関連法案の骨子は以下の通りです。

々駝鰻鮃保険の改革による制度の安定化
平成30年度から、都道府県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等の国保運営に中心的な役割を担い制度を安定化する。

入院時食事療養費等の見直し
現行:1食260円(一般)
⇒平成28年度:360円 平成30年度:460円

紹介状なしで大病院を受診する場合等の定額負担の導入
外来の機能分化を進める観点から、平成28年度から紹介状なしで特定機能病院及び500床以上の病院を受診する場合等には、原則として、定額負担を患者に求める。

ご擬埒十侘斗楡度の創設
平成28年度から、国内未承認の医薬品等を迅速に保険外併用療養として使用したいという患者の思いに応えるため、患者からの申し出を起点とする新たな保険外併用療養の仕組みの創設。


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM